Interview お客様の声

お客様の声

  • Index

空気もさらっと涼しく

注文住宅

与那原町

Y様邸

敷地面積
-
延床面積
-
1F床面積
-
2F床面積
-

週刊 タイムス住宅新聞より 抜粋

 

出産を機に家造りを考え初め、約1年前に与那原町東浜に木造平屋建てを建てたYさん。

『コンクリート住宅は熱いイメージがあり、漠然と木造がいいなと思ってはいましたが、台風などを考えると、沖縄で木造は現実的に無理だろうと考えていました』と振り返る。

家造りではコンクリート住宅を中心に情報収集していたが、そんな中で出合ったのが、軸組工法で木造住宅を手掛ける(株)アースティック那覇だった。

『担当者と話をするうちに、木造を建てる上で懸念していた白アリ対策のシステムや、台風に対する構造も確認でき、これならって安心できた。考えてみたら、 沖縄でも昔はみんな木造だったんですよね。そう思ったら踏み切れました』と話す。コンクリート住宅よりもコストを抑えられる点も木造建築を後押しした。土 地は、以前から住んでおり、商業施設や公園、ビーチなどもそろう住環境が気に入っていた東浜で購入した。

住み始めて1年2ヶ月。ウッドデッキをコの字型に囲んだ住まいは、家中に光と風が吹き抜け、明るく開放的。玄関ホールを中心に、左右で公私を分けた。

 

voice07_024歳になる子供は、デッキを介して家中を駆け回っている。

夫人は、『アパートでは、湿気がすごくてカビに悩まされていましたが、この家は梅雨時もさらっとしている。日中、閉めっ切っていると、もちろん暑いのですが、窓を開ければすぐに熱気は逃げる』と快適さを実感。

屋根には3kwの太陽光発電システムも導入した。『エコ意識も高くなりましたね。毎月の明細で電気の使用料が抑えられたのを見ると、節電頑張った、やったねって思う』とYさん。

Yさんの一番お気に入りは、約20畳もの広さをとったデッキスペース。『当初は半分は芝庭のプランでしたが、デッキにして正解。夕方、本を読みながらビールを飲んだり、夕食を食べたり。親戚や友人らが集まる機会も増えました』と満足そうに話した。

お客様の声一覧にもどる