進化し続ける、時代と地域(沖縄)に合った木造住宅

無垢材より約1.5倍強い素材

狂いが少なく、強度がある集成材

集成材は、無垢材の節や割れなどの欠点を取り除き、
良質な部分を積層することで、強度を無垢材の1.5倍に高めています。
厳しい含水率管理のもとで製造されるので、
収縮・膨張・変形・狂いなどはほとんど発生せず、品質が均一化されています。
また、ホルムアルデヒド放散量もシックハウス対策規制対象外の☆☆☆☆で、
空気環境にも配慮した安全な木材製品です。

  • 集成材は、品質表示と均一品質の安心の部材

    集成材
    強度・含水率・接着性など性能表示・品質が均一
    無垢材
    強度や含水率の表示がほとんどない・品質にもばらつき

  • 集成材は、鉄・コンクリートより強く、軽量

    力学的性質を単位重量当りで比較すると、スギと鉄では約4倍、コンクリートでは約5倍、木材の方が強度があります。そのため木造家屋は、十分な強度をもったまま、大幅に建築重量を軽量化することが可能。基礎は小さく、加工も容易になり、コストダウンにもつながります。

半永久的な結露、防蟻処理

家を結露や白蟻から守る最先端技術

アースティック那覇は、木材を最先端技術の乾式加圧注入処理釜に入れ、薬液に浸して高加圧。
木材内部の80%以上まで薬液が浸透し、木材を半永久的に腐れやシロアリから保護します。

  • 処理法

    防腐・防蟻処理法では、木材内部の80%以上に薬液が浸透。現在一般的に使われている、現場で薬品を塗布するだけの、表面的な加工とは全く違います。また、使用する薬液(ニッサンクリーンCI)は、食塩よりも低毒。人体にも無害です。

  • 1階の床と外壁部の軸組が乾式加圧注入処理済み!

    NEO-BASIC IIIでは、1階床の土台・大引から、1階外壁部の通し柱、管柱、間柱、筋交いにいたるまでの全てに、乾式加圧注入処理材を使用しています。